最新版 2020年11月 還元率3%三井住友 ANAVISAゴールドカードでVポイントを貯めてJQ SUGOCAルートを活用してソラシドエアマイルを貯めよう。

最強のANAカードと呼ばれているANA VISAワイドゴールドカード。

ANAのゴールドカードの中でも最もマイルが貯まりやすく、最安値の年会費で使えるカードで、日ごろの買い物、支払いなどを全てこのカードに集約させると勝手にマイルが貯まっていきます。

このカードの魅力は、ANAマイルの還元率が1.648%と優秀なことでしたが、残念なことにポイント制度の改悪によりANAマイルの還元率が下がってしまいました。

ポイント制度の改悪により、カードの申し込みを迷っている方、既にカード会員でカードの解約を検討中の方もいると思いますが・・。

「ちょっと、待って下さい。」

このカードの魅力はANAマイルの還元率だけではありません。

ANAVISAワイドゴールドカードは、ソラシドエアとの相性(マイルの還元率)が抜群に良いのも魅力のひとつです

どれくらい相性が良いか?

ポイント制度改悪後でもマイルの還元率は3%を維持します。

この還元率を達成するには、JQ SUGOCAルートを活用する必要があります。

年間200万円のカード決済とリボ払い設定(後ほど説明)で貯まったポイントをで交換するとマイルの還元率3%が達成できます。

ANAマイルの還元率1.648%を達成させるには、年間300万円決済という難易度が高い条件がありましたが、年間200万円の決済ならどうですか?達成できそうじゃないですか?

マイル還元率3%でソラシドエアのマイルに交換した場合、

  1. ソラシドエア特典航空券(往復)4名~(8名分)に交換できる。
  2. ハイシーズンでもソラシドエア特典航空券(往復)4名分に交換できる。
  3. ソラシドエアの全ての路線便で特典航空券(往復)4名分に交換できる。

どうですか?魅力的でしょう?

家族で飛行機に乗って国内旅行に行きたいと思っているパパさんママさんに是非「JQ SUGOCAルート」を活用して頂きたいです。

では、順番に説明させて頂きますので、興味がある方は最後までお付き合いください。

ANA VISA ワイドゴールドカードの新規お申込みを検討されている方は

はじめてANAVISAワイドゴールカードのお申込みを検討されている方は、カードお申込み前に「マイ友プログラム」の登録をお勧めします。

このステップを踏んで頂くことで、通常よりマイルが2,000マイル多く貰えます(2,000マイルはソラシドエアのマイルに交換すると4,000マイルになります。)

詳しくはこちらをご確認下さい。↓

最新版 2020年10月 ANAマイ友プログラムとは?ANAカード新規入会は紹介番号で登録するのが一番お得。

三井住友カード Vポイントについて

ANA VISAワイドゴールドカードで買い物をすると、三井住友カードのポイント(Vポイント)が貯まります。

Vポイントには、「ANAマイル以降可能ポイント」と「通常ポイント」の二種類があります。

ANAマイル移行可能ポイントについて

 

カードで決済すると、ご利用金額,200円につきANAマイル移行可能ポイントが1ポイント貯まります。

貯まったポイントは1ポイント=2マイルに交換することができます。

ご利用額200円→ANAマイル移行可能ポイント1P獲得→2ANAマイル

通常ポイントについて

「Vポイント」は、「ANAマイル交換可能ポイント」とは別に、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」などを利用して貰える「通常ポイント」があります。

貯まった「通常ポイント」をANAマイルに交換すると1P=0.6~0.7マイルにしか交換できません。

しかし、ソラシドエアマイルなら1P=2マイルに交換できます。

ANAマイルに交換・・・通常ポイント1P=0.6~0.7マイル

ソラシドエアマイル・・通常ポイント1P=2マイル

「通常ポイント」の貯め方は後で説明させて頂きます。

 ANAマイル移行可能ポイントと通常ポイントの違いは?

「ANAマイル移行可能ポイント」と「通常ポイント」の違いは、ANAマイルに交換した時の交換レートが異なることです。

ANAマイル移行可能ポイント1P=2ANAマイル

通常ポイント1P=0.6~0.7ANAマイル

マイルの移行手数料は無料

ANA VISAワイドゴールドカードはマイルの移行手数料が無料です。

マイルの還元率を最大3%にするには?

マイルの還元率を最大3%にするには?

「ANAマイル移行可能ポイント」と「通常ポイント」のマイル還元率を上げる必要があります。

マイル還元率を上げるには、次の5つの条件をクリアして下さい。

  1. 1年間で200万円以上のカード決済
  2. マイ・ペイすリボを使う
  3. ソラシドエアカードの入会とソラシドスマイルクラブの登録
  4. Gポイントの会員登録
  5. JQ SUGOCA ANAカードの入会

では、順番に説明させて頂きます。

条件① 年間200万円以上のカード決済をする

日ごろの買い物、支払いなどを全てANA VISAワイドゴールドカードに集約させて年間200万円のカード決済をして下さい。

ご利用額200万円→ANA移行可能ポイント10,000P

条件② マイ・ペイすリボの設定

マイ・ペイすリボというのは、カード決済を全て自動的にリボ払いにするサービスです。

リボ払いで支払いをして、手数料を発生させると、その月に貰える「ANAマイル移行可能ポイント」と同じポイント数の「通常ポイント」が貰えます。

ご利用額200万円をリボ払い→通常ポイント10,000P獲得

※リボ払いに抵抗がある方もご安心下さい。リボ手数料を数円~数十円に調整することが可能です。

リボ払いの詳細はこちらでご確認頂けます。↓

最新版2020年10月 入会キャンペーン 三井住友 ANA VISA ワイドゴールドカードでVポイントを貯めようマイルを貯める方法や年会費を下げる方法を紹介

条件③ソラシドエアカードの入会とソラシドスマイルクラブの登録

ソラシドエアのマイルを貯めるには、ソラシドスマイルクラブの登録とソラシドエアカードの入会が必要になります。

ソラシドスマイルクラブに登録する

ソラシドエアのマイルを貯めるには、「ソラシドスマイルクラブ」というマイルプログラムに登録して貯めます。

ソラシドスマイルクラブの登録はこちらから

ソラシドエアカードに入会する

このカードは、「ソラシドエア」と「三井住友カード」が提携したクレジットカードで、年会費は初年度無料で翌年から1,250円(税別)が必要です。

主要のポイントサイトを比較してみましたが、現在は広告がありません。(2020年11月1日現在)

ポイントサイト名 獲得ポイント数 獲得マイル数
ハピタス 広告無し
ちょびリッチ 広告無し
モッピー 広告無し
Gポイント 広告無し

なので、公式サイトからソラシドエアカードをお申込み下さい。

ソラシドエアカードのお申込みはこちらから

各ポイントサイトのご登録がまだ済んでいない方は、下記からご登録が可能です。

ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ハピタス

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト

Gポイント

Gポイント

ソラシドエアカードは、条件②で獲得した「通常ポイント」を高い還元率でマイルに交換するために必要なカードです。

「通常ポイント」は、ANAマイルに交換すると1P=0.6~0.7マイルですが、ソラシドエアのマイルは、1P=2マイルに交換できます。

通常ポイント1P→2マイル(ソラシドエア マイル)

マイルの移行手数料は無料です。

条件④ Gポイントの会員登録

Gポイントは、ポイントを交換時する時の中継点として利用します。

会員登録がまだの方は下記バーナーから登録を済ませて下さい。

Gポイントの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

Gポイント

条件⑤ JQ SUGOCA ANAカードに入会する

このカードは、「ANA」と「JR九州」と「JCB」が提携したクレジットカードで、年会費は初年度無料で翌年も年1回以上のクレジット決済をすれば年会費は無料です。

JQ SUGOCA ANAカードは、「ANA移行可能ポイント」の還元率を上げるために必要なカードです。

このカードを活用して、ANA20,000マイルをJRキューポ20,000Pに交換します。

JQ SUGOCAANAカードのお申込みはこちらから

ANA移行可能ポイントの還元率を上げる方法

まず、「ANA移行可能ポイント」はANAマイルに交換して下さい。

年間200万円決済した場合、次のようになります。

カード決済200万円→ANA移行可能ポイント10,000P→ANAマイル20,000マイル

ANA20,000マイルに交換後、JQ SUGOCA ルートを活用して、ソラシドマイルに交換します。

ANA20,000マイル→JRキューポ20,000P→Gポイント20,000P→Vポイント20,000P(通常ポイント)→ソラシドエア40,000マイル

注意事項:ANAマイルは10,000マイル(1口)から、JRキューポに交換することが可能ですが、交換は1年間(4月1日~翌年3月31日)で20,000マイル(2口)まで。

30,000マイル(3口)以降は、交換レートが悪くなり、ANA10,000マイル(1口)=JRキューポ5,000Pになります。

全ての条件をクリアしてマイル還元率は3%達成

条件①〜⑤を全てクリアするとマイルの還元率は3%になります。

  1. 年間200万円の決済でANA移行可能ポイント10,000P=ソラシドエア 40,000マイル
  2. リボ払い設定で通常ポイント10,000P=ソラシドエア 20,000マイル

(40,000マイル+20,000マイル)÷200万円×100%=3.0%

ソラシドエアのマイルに交換すると、年間60,000マイル貯めることが可能です。

ソラシドエアのマイルは特典航空券に交換して毎年家族と国内旅行

貯まったソラシドエアのマイルは特典航空券に交換して、毎年家族で国内旅行に行きましょう。

60,000マイルがあればこんなことができます。

  1. ソラシドエア特典航空券(往復)4名~(8名分)に交換できる。
  2. ハイシーズンでもソラシドエア特典航空券(往復)4名分に交換できる。
  3. ソラシドエアの全ての路線便で特典航空券(往復)4名分に交換できる。

ソラシドエアの特典航空券一覧表も見てみましょう。

ソラシドエアの路線便と特典航空券の一覧表

  • ローシーズン(L)・・・・通常期より交換マイル数が少ない。
 路線便        L
    片道    往復
 東京⇔宮崎    5,000    9,500
 東京⇔熊本    5,000    9,500
 東京⇔長崎    5,000    9,500
 東京⇔鹿児島    5,000    9,500
 東京⇔大分    5,000    9,500
 沖縄⇔宮崎    5,000    9,500
 沖縄⇔鹿児島    5,000    9,500
 沖縄⇔神戸    5,000    9,500
 沖縄⇔福岡    5,000    9,500
 沖縄⇔石垣    4,000    7,500
 名古屋⇔宮崎    5,000    9,500
 名古屋⇔鹿児島    5,000    9,500
 名古屋⇔沖縄    6,000    11,000
  • レギュラーシーズン(R)・・・・通常期のマイル数。
 路線便         R
    片道    往復
 東京⇔宮崎     7,000    12,000
 東京⇔熊本     7,000    12,000
 東京⇔長崎     7,000    12,000
 東京⇔鹿児島     7,000    12,000
 東京⇔大分     7,000    12,000
 沖縄⇔宮崎     7,000    12,000
 沖縄⇔鹿児島     7,000    12,000
 沖縄⇔神戸     7,000    12,000
 沖縄⇔福岡     7,000    12,000
 沖縄⇔石垣     5,000    9,500
 名古屋⇔宮崎     7,000    12,000
 名古屋⇔鹿児島     6,000    11,000
 名古屋⇔沖縄     8,000    13,000

・ハイシーズン(H)・・・・通常期より交換マイル数が多い。

 路線便         H
   片道    往復
 東京⇔宮崎    9,000    14,000
 東京⇔熊本    9,000    14,000
 東京⇔長崎    9,000    14,000
 東京⇔鹿児島    9,000    14,000
 東京⇔大分    9,000    14,000
 沖縄⇔宮崎    9,000    14,000
 沖縄⇔鹿児島    9,000    14,000
 沖縄⇔神戸    9,000    14,000
 沖縄⇔福岡    9,000    14,000
 沖縄⇔石垣    7,000    11,500
 名古屋⇔宮崎    9,000    14,000
 名古屋⇔鹿児島    8,000    13,000
 名古屋⇔沖縄    10,000    15,000

 

  • 東京⇔九州の場合・・・ハイシーズンで特典航空券(往復)4名分に交換可能。
  • 名古屋⇔沖縄の場合・・ハイシーズンで特典航空券(往復)4名分に交換可能。
  • 名古屋⇔鹿児島の場合・ハイシーズンで特典航空券(往復)4名分に交換可能。
  • 沖縄⇔神戸の場合・・ハイシーズンで特典航空券(往復)4名分に交換可能。
  • 沖縄⇔石垣の場合・・ハイシーズンで特典航空券(往復)5名分に交換可能。

私は名古屋(セントレア)~沖縄(那覇)便を活用して毎年1~2回飛行機代を無料にして沖縄の家族旅行を楽しんでいます。

最新版 2020年10月 名古屋 セントレア発 ポイントサイトとヤフオクを活用してソラシドエアのマイルを貯めて特典航空券で沖縄 那覇 へ格安子連れ旅行

まとめ

今回は、ANA VISAワイドゴールドカード制度改悪後のカード活用方法についてご紹介させて頂きました。

最後にもう一度おさらいしましょう。

  • ANAVISAワイドゴールドカードはソラシドエアと相性が良い。
  • 年間200万円決済とリボ設定でソラシドエアマイルならマイルの還元率は3%
  • マイルの還元率3%の条件は次の通り
  1. 1年間で200万円以上のカード決済
  2. マイ・ペイすリボを使う
  3. ソラシドエアカードの入会ソラシドスマイルクラブの会員登録
  4. Gポイントの会員登録
  5. JQ SUGOCA ANAカードの入会
  • 「ANA移行可能ポイント」はANAマイルに交換後、「JQ SUGOCAルート」でソラシドエアのマイルに交換。
  • 「通常ポイント」はソラシドエアのマイルに交換。
  • 新規でANAVISAワイドゴールドのカードの入会申し込みをする方はカード申し込み前に「マイ友プログラム」の登録を忘れずに。

最新版 2020年10月 ANAマイ友プログラムとは?ANAカード新規入会は紹介番号で登録するのが一番お得。

関連記事

最新版 2020年10月 ポイントサイトを活用してソラシドルートでソラシドエアのマイルを貯めて特典航空券に交換する方法

ソラシドマイルも貯めたいけどANAマイルも貯めたい方はこちらもチェックして下さい。

最新版 2020年11月 陸マイラー必見 ポイントサイトに頼らずにブログ運営でアメックスポイントを貯めて年間100万ANAマイル貯める方法

最新版 2020年11月 ANAマイルを貯める錬金術 審査優遇の紹介プログラムを活用してアメックスカードに入会してアメックスポイントを貯めよう

最新版 2020年11月 アメックスカードSPGカード 紹介プログラム キャンペーン 審査優遇の営業担当者経由の紹介特典は?

最新版 2020年11月 審査優遇のアメックスカード紹介プログラム インターネット経由の「紹介プログラム」と営業担当者経由の「新規会員ご紹介プログラム」の違いについて解説 

今年こそ、あなたも陸マイラーになって好きな国へビジネスクラスやファーストクラスに乗って行ってみましょう。

私も、引き続きマイルを貯めたいあなたにとって有益な情報を、今後もどんどん公開する予定です。

以上、最後まで読んで頂き有難う御座いました。