陸マイラー初心者必読 おすすめポイントサイトは?効率の良い交換ルート比較

いきなり質問ですが、あなたはどうやってマイルを貯めていますか?

飛行機にたくさん乗って貯めますか?

おそらく既にこの記事を読んでくださっている段階で、飛行機にどんなに乗ってもなかなか貯まらない現実に直面している方も多いのではないかと思います。

一体いつになったら、マイルを使って特典航空券が取れるの!って思いますよね。

例えば、夢の「ハワイ行きファーストクラス」をマイルで行こうと思ったら、ざっと20万マイル。これはクレジットカード決済(通常1%)で2,000万円相当です。

どう考えても、普通じゃ無理な話です。でもマイルを貯めたいと思っている方は多いのです。

そこで!!

今回、私がマイルを貯める基礎編として、『おすすめのポイントサイト交換ルート』をご紹介したいと思います。

これを読むと、あなたもお得にマイルを稼ぐノウハウを知ることができるでしょう。

知っているか、知らないか。やるか、やらないか。

それはあなたにお任せします!

まずはポイントサイトを知ろう!

実は、マイルを貯めるには決して飛行機に乗ることだけではありません。

世の中には「陸マイラー」という人々(私もそのうちの一人です)がいて、同じようにしていくことで、誰でも飛行機に乗らずにマイルが貯まるのです。

もちろん「一体どうやって?」ということになりますよね?

そこで、いきなり結論から言ってしまいますが、「ポイントサイト」をフル活用することが一番の近道なのです。

(しょっちゅう仕事やプライベートで世界中を飛び回っている人や、会社の決済額がすごい人は別ですよ!)

「んん?ポイントサイトって何?」と思う方もいるでしょう。

ポイントサイトというのは、成功報酬型の広告を中心に広告代理業を行うサイトのことで、よく「お小遣いサイト」とも呼ばれています。

とはいえ、全く怪しいものではないのでご安心ください。

マイルを貯めるにはポイントサイトは不可欠だということだけ頭に入れておいてくださいね。

そんなポイントサイトですが、さっそく浮上するのが「一体どのポイントサイトがいいの?」という疑問です。

実はポイントサイトの種類は非常に多く、よく名前を聞くものから全く初めて見るものまで色々あります。

マイルを貯めたい人には、あまりに多過ぎるので、どれがいいのか本当に迷ってしまうものなのです!

でも各ポイントサイトの特徴を知っておけば、選ぶのもスムーズにできるんですね。

おすすめ!メジャーなポイントサイト5選とその特徴

それでは、私がおすすめするメジャーな5つのポイントサイトをご紹介します。

ハピタス

・サイトが見やすく、ポイントサイトデビューに選ばれやすいサイト。

・クレジットカードを作ることで得られる高還元案件が多い。

・メインのポイント交換ルートは、ANAマイルの場合、「TOKYUルート」

(後に詳しくご紹介します。)

ハピタスの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ちょびリッチ

・累計会員数380万人を突破、人気急上昇中のポイントサイト。

・ショッピングでのポイント還元率が良く、ハピタスと併用する人が多い(ハピタスの月間ポイント移行上限が30,000ポイントまでという上限があるため、併用者が多い)。

・楽天の対象店舗で買い物をすると、大量ポイント獲得ができる

ちょびリッチの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントタウン

・上場企業GMOインターネットのグループ会社が運営している老舗ポイントサイト。

・クレジットカード作成等の還元率は、ハピタスやちょびリッチに若干劣る。

・ネットショッピングでのポイント還元は、ほかのサイトと同等の還元率。

・「ぐるポタ」で、外食のポイント還元サービスがある。

・飲食店やエステなどのモニターサービスがあり、所定の条件をクリアすると利用金額の30〜50%のポイント還元が受けられる。

ポイントタウンの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

Gポイント

・ほかのアンケートサイトやポイントサイトのポイントを1つにまとめる合算サイト。

・クレジットカード作成、ネットショッピングいずれもポイント還元率は低いが、ポイント交換の中継として利用することが多い。

Gポイントの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

Gポイント

モッピー

・上場企業株式会社セレスが運営。会員登録数が累計700万人を超えるポイントサイト。

・TOKYUルートが開通してからANAマイルが貯めやすくなりました。

・JALマイル交換キャンペーンをするなど、JALマイラーご用達ポイントサイト。

・楽天の対象店舗を利用すると、利用金額の最大45%がモッピーポイントに還元される。

モッピーの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

以上の5つがおすすめのポイントサイト5選でした。

ちなみに、各ポイントサイトによって、どちらが「ANAのマイル向き」「JALのマイル向き」というのもあるので、以下を参考に登録するのもいいと思います。

ANAマイル……モッピーハピタスGポイントちょびリッチ

JALマイル……モッピーハピタスGポイントちょびリッチポイントタウン

多くのポイントサイトは登録無料なので、まずは数個を登録してみてから自分の好みに合いそうなものに絞るのもいいでしょう。

マイルの貯め方① 航空会社を決める

さて、それでは次のステップです。

マイルをたくさん稼ぐために、まずはあなたがどのマイルを貯めたいかを決めることになります。

日本の2大航空会社と言えば、やっぱり「全日空(ANA)」と「日本航空(JAL)」ですね。

マイルを賢く貯めたいなら、どちらかに決めてしまうのが1番目のコツです。

あちらこちらでポイントを貯めていくよりは、ターゲットを絞ることでポイントも効率よく貯めることができるようになります。

「ANAとJALのうち、どっちを選べばいいの?」と悩まれている方は、インスピレーションや過去の使用歴から決めても個人的には構わないと思います。

「以前、乗った時にCAの感じが良く、もう一回乗りたい」でもいいですし、「子連れ旅行で乗った時、快適で良かった」でもいいのです。

あなたがより好きな方(乗りたい方)を選んでください。

マイルの貯め方② ポイント移行ルートを決める

マイルを貯める航空会社(ANAかJAL)が決断できたら、次のステップに進みましょう。

貯めたポイントの移行ルート決めです。

それでは、ここからは航空会社別に解説していきますね。

全日空(ANA)の場合

モッピー→ドットマネー→TOKYU POINTルート

ポイントサイトの「モッピー」で100%のポイントが、「ドットマネー」でも100%、「TOKYUポイント」でも100%で最終的にANAのマイルでは75%という高交換率でマイルを稼げるルートです。

【必要なもの】TOKYUカード・モッピーの無料登録・.moneyの無料登録

ちょびリッチ→ドットマネー→TOKYU POINTルート

ポイントサイトのちょびリッチで100%のポイントが「ドットマネー」でも100%、「TOKYUポイント」でも100%で最終的にANAのマイルでは75%という高交換率でマイルを稼げるルートです。

【必要なもの】TOKYUカード・ちょびリッチ・.moneyの無料登録

ハピタス→ドットマネー→TOKYU POINTルート

ポイントサイトのハピタスで100%のポイントが「ドットマネー」でも100%、「TOKYUポイント」でも100%で最終的にANAのマイルでは75%という高交換率でマイルを稼げるルートです。

【必要なもの】TOKYUカード・ハピタス・.moneyの無料登録

この3つのルートが、ANAのマイルを貯めるための現段階でのおススメのルートとなります。

ANAマイルのいいところは、なんといっても普段からよく使っている「Tポイント」「楽天ポイント」「nanacoポイント」などといった買い物でゲットしたポイントをANAのマイルに交換できるところです。(交換率50%)。

日本航空(JAL)の場合

①モッピー→.moneyのルート

ポイントサイトの「モッピー」で100%のポイントが、「.money」では100%、最終的にJALマイルでは50%となるルートです。

この時点ではどうしてもANAの方のルートと比べると交換率に見劣り感もありますが、朗報があります!

実は、「モッピー」では定期的なマイル交換キャンペーンが実施されているのですが、タイミングによってはモッピーのポイントの80〜90.9%の高交換率でJALのマイル交換ができてしまうのです。

つまり、このタイミングを逃さずに行えばJALでも十分マイルは貯まるのです。

【必要なもの】モッピーの無料登録・.moneyの無料登録

ポイントタウン→.moneyのルート

ポイントサイトの「ポイントタウン」で100%のポイントが、「.money」では100%、最終的にJALマイルでは50%となるルートです。

【必要なもの】ポイントタウン・.moneyの無料登録

JALマイラーさんにはぜひこの方法をおススメしたいと思います。

いかがでしたか?

ANAマイルとJALマイルの違いについて、敢えて言うとすれば、貯める条件が限定されるものの、JALの方がややシンプルに貯められるというメリットはありますね。

あなたも手持ちのカードなども考慮しつつ、使いやすい方で選んでみてくださいね。

マイルの貯め方③ 利用するポイントサイトを決める

ANAとJALのどちらを貯めるか、そしてどのルートでポイント交換を進めていくかを決めたら、次にすることは利用するポイントサイト決めです。

ポイントサイトは既にお伝えしましたが非常に多いため、いくら無料で登録できるからといってたくさん登録しまくっていても労力だけがかかり、ポイントも分散されてしまう恐れもあります。

一方、「だったら1つに絞ればいいんじゃない?」と思われる方もいると思いますが、私のおすすめとしては、メインで1つを作り、さらにサブで2~3つくらい登録しておくことです。

なぜか?

それはやはり、サブがいざという時の「備え」になるからです。

以前こんなケースがありました。

さきほどご紹介したANAマイルですが、以前はソラチカカードを使うことで90%の交換率でマイルをザクザクと貯めることができたんですね。

ところが、2018年4月にソラチカカードが「.money」「Pex」「Net Mile」「Gポイント」との提携終了を発表しました。

そして、LINEポイント→メトロポイントへの交換が12月27日15時で終了になりました。

つまりは、新ソラチカルートの終了です。

せっかくの高い交換率を誇っていたルートがなくなり、当時は陸マイラー界でもかなり話題になりました。

私が思うに、おそらく登録してやる人があまりに増えた結果ではないかとも推測しています。

今後も、こうしたソラチカショックのようなことが再び起こる可能性はゼロとは言えません。

このような背景もあるので、今もっとも有効な手段であっても、いつルール変更になるかは誰も予測できません。

そこで、ポイントサイトはメインとサブを持っていた方がベストだと思います。

ポイントサイトを複数持つことで、突然のルール変更にも臨機応変に対応できるようにしておきましょう。

マイルの貯め方④ クレジットカードを決める

ANAマイルとJALマイル。どちらを貯めるか決め、次にポイントサイトを決めたら最後はクレジットカードを決める段階になります。

ちなみに、クレジットカードはANAかJALかでおススメするカードが全く異なってくるので、ぜひ最後までお読みくださいね!

ANAマイル派

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」

最新版 ソラチカルート閉鎖で今後の最重要ANAマイル交換ルートはTOKYUルート

ANAマイルを貯めるには必須なカードです。

「三井住友系カード」↓おすすめカードです。

最新版 ANA VISA ワイドゴールドカード 入会キャンペーン 還元率を上げてマイルを貯める方法や年会費を下げる方法を紹介

JALマイル派

「SPGアメックスカード」

最新版 一番お得に申し込む方法 審査優遇される紹介プログラム経由で SPGアメックスカードに入会 マリオット ボンヴォイ入会キャンペーン 特典&メリッ

JALマイルについては、ポイントサイトだけで交換ができるので不要ではありますが、このカードは年会費がかかるものの、旅行好きには見逃せない強力なメリットがあります。

ポイントサイト交換おすすめルートのまとめ

今回は、ANAとJALのマイルをしっかりと貯めるために活用したいポイントサイトの選び方とポイントサイト交換ルートについてご紹介してきました。

最後にもう一度おさらいしましょう。

マイルを賢くたくさん貯めるには、

①ANAかJALか、どちらにするか決める。

ポイント移行ルートを決める

③利用するポイントサイトを決める

④必要なクレジットカードを作成する

おすすめのポイントサイトは

ハピタスの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ちょびリッチの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントタウンの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

Gポイントの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

Gポイント

モッピーの新規登録はこちらから↓(登録は無料です。)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ANAマイル……モッピーハピタスGポイントちょびリッチ

JALマイル……モッピーハピタスGポイントちょびリッチポイントタウン

今年こそ、あなたも陸マイラーになって好きな国へビジネスクラスやファーストクラスに乗って行ってみましょう。

私も、引き続きマイルを貯めたいあなたにとって有益な情報を、今後もどんどん公開する予定です。

以上、最後まで読んで頂き有難う御座いました。